最新の医療設備

  • 採用情報
  • よくある質問
  • 保険診療・自費診療
  • 審美治療システムCEREC(セラミック1dayトリートメント)
  • 医療設備

とりみ歯科

〒451-0071
愛知県名古屋市西区鳥見町
3丁目29番地1

052-524-2337 アクセス・診療時間はこちら
とりみ歯科ブログ

HOME > 最新の医療設備 > マイクロスコープ

最新の医療設備

マイクロスコープ

顕微鏡(マイクロスコープ)治療について

当院では、保険診療、自由診療にかかわらず、歯科用実体顕微鏡(マイクロスコープ)を用い、精密な治療を行っています。そして、歯科用実体顕微鏡(マイクロスコープ)に設置したビデオカメラで、歯の検査や治療状況を拡大撮影し、録画しながら診察をすすめています。診察後は、撮影した診療ライブ映像を、TVモニターでお見せして説明しています。

歯科用実体顕微鏡(マイクロスコープ)を用いると、一般の歯科医院ではよく分からなかった原因不明の痛み、見逃しやすい小さな虫歯や歯周病の原因となる歯石の取り残しや歯のひび割れなどを発見できますし、当日どういう治療を受けたのか?も、ビデオカメラで撮影した診療ライブ映像を見て頂くことによって、患者さんが100%理解できる分かりやすい病状説明と治療の説明を行うことが可能となりました。

このようなくわしい説明をしている歯科医院は、全国でもあまりありません。

  • 他の歯科医院では、痛みの原因がわからなくて困っている方
  • 今までのわかりにくい歯科治療の説明に不安や不信感をもたれた方
  • わかりやすい説明が聞け、納得した上で診察を受けたい方

は、一度受診を検討されることをおすすめします。

歯科治療は、細かい作業の連続です。肉眼治療では限界がありますので、歯科用実体顕微鏡(マイクロスコープ)を使うことで、より正確な診断と治療が可能になります。当院で導入している顕微鏡は最大で約20倍程の拡大ができます。顕微鏡の治療は従来の肉眼での治療とは全く違う世界をもたらしてくれました。肉眼では歯の細部までは到底見る事ができませんので経験や勘に頼る治療となってしまいます。顕微鏡を使った治療では1ミリ以下の精度が要求される治療を肉眼での治療よりはるかに精度の高い処置で行う事が可能になります。

今までの歯科治療は、患者さん自身がロの中を見ることが出来ないので、歯医者さんまかせにするしかありませんでした。
これを解消したのが当院で行っている顕微鏡歯科(マイクロスコープ)とビデオカメラを使った『歯科医療の可視化』です。この究極のインフォームドコンセントは、患者さんに納得・安心して受けることができる歯科医療をお届けできると信じています。


顕微鏡歯科の利点・欠点



利点
  • 4~24倍まで拡大して見ることができる。
  • 精度の良い治療ができ、歯の寿命が延びる。
  • 治療中の状況を映像で見ることができる。
  • 抜歯しなければいけないと言われた歯が残せる可能性がある。
  • 非常に綺麗な治療が出来る。
欠点
  • 限られた歯科医院でしか行われていない。
  • 歯科医師に特殊な技術が求められる。
  • 治療時間が長くなりやすい。

症例のご紹介


このページのトップへ