HOME > 治療費の比較 > 前歯クラウン(かぶせ物)

治療費の比較

前歯クラウン(かぶせ物)

保険適用

硬質レジン前装冠
メリット
  • 保険が適用できるため安価です。
デメリット
  • 奥歯については金属を補強に使用することが保険で認められていません。
  • 見た目の色調に限界があり、周りの歯との違いが目立つことがあります。
  • プラスチック部分は唾液を吸収し、変色します。
  • 歯との適合性がやや劣ります。
  • 長年の使用で歯肉が金属の影響により黒ずむことがあります。
  • 金属アレルギーを起こす場合があります。

保険外(自費診療)

メタルボンド(セラミッククラウン)

1本 80,000円(税別)

メリット
  • 金属にセラミックを焼き付けたものなので色調、形態ともに優れています。
  • 唾液の吸収による変色の心配がありません。
  • ほとんどの症例に使用することができ、仕上がりが自然できれいです。
  • 内側が強固な金属なのでブリッジにも適応できます。
デメリット
  • 保険外診療なので費用がかかります。
ジルコニアセラミッククラウン

1本 110,000円(税別)

メリット
  • セラミックを加えることにより、歯の色調表現の自由度が広がるため、より自然でキレイな仕上がりが求められる前歯の色調を再現するのに適しています。
  • 唾液の吸収による変色の心配がありません。
  • 極めて身体に優しい素材です。
  • 歯ぐきとの境目が黒ずむことがありません。
  • アレルギーの心配がありません。
デメリット
  • 保険外診療なので費用がかかります

このページのトップへ