• 採用情報
  • よくある質問
  • 保険診療・自費診療
  • 審美治療システムCEREC(セラミック1dayトリートメント)
  • 医療設備

とりみ歯科

〒451-0071
愛知県名古屋市西区鳥見町
3丁目29番地1

052-524-2337 アクセス・診療時間はこちら
とりみ歯科ブログ

HOME > 診療案内 > 審美治療

診療案内

審美治療

審美歯科とは

審美歯科と聞くと短時間で簡単に白くきれいな歯並びを作ることが出来る治療であるとか、美容を目的とした治療であるなどのイメージを持たれる方も多いのではないでしょうか。

確かに最近は歯の治療に対する患者様のニーズも変わり、従来のような機能優先で痛みが無くて噛めれば良いという治療ではなく、より美しく・きれいに治したいと希望する患者様が多くなってきています。また治療技術や材料の進歩もあって従来よりも、より審美的な治療をする事が可能になりました。

しかし、見せかけのきれいな歯並びや一時的な美しさにとらわれるあまりに本来の歯が持つべき機能を失ったり、損なったりする事は絶対に避けなければなりません。長期間安定した審美性(美しさ)を保つ為には、その歯が歯周病などの無い健康な歯周組織の上にあり、かみ合わせのバランスもきちんととれている事が非常に重要です。その為にはそれぞれの治療法のメリット・デメリットや適応症を知った上で治療法を選択する事が必要となります。

本来ならば歯の治療の際、その歯の機能を回復するにあたり、審美について考えないというのはとてもおかしな事です。(残念ながら保険治療では審美的な治療は難しいのが現状です)本来はどんな歯を治療するときにでも機能的かつ審美的に治すのが当たり前なのです。

それではなぜ審美にこだわる必要があるのでしょうか。まずきれいで自然な歯並びや白い歯によって、より明るく美しい笑顔が得られます。また精神面への影響も大きく、歯や口元のコンプレックスを取り除く事によって性格的にも、より明るく積極的になることが出来るのです。


このページのトップへ